signheart

Information

こちらのページで手話豆知識を少しづつ紹介していきます

今月の手話関連書籍

今年は、ホームページの中で、手話通訳や聴覚障害者の理解に必要な本を紹介するページの紹介をしていきます。

 

第五弾「わたしで最後にして」ナチスの障害者虐殺と優性思想

藤井克徳 著
合同出版 
定価:1,500円+税

2018.12.21

この本はお読みいただけば、衝撃を受けると思います。

ユダヤ人がナチスによって大量虐殺された「ホロコースト」はご存知ですね。

でも、その前に、リハーサルとして、障碍者の虐殺が行われていました。

なんと20万人以上がです。

 この本は、NHK の「ハートネットTV」で3回にわたって放送され、

ETV特集でも取り上げられました。

 戦後70年経ちましたが、知らされていない真実が

たくさん書かれています。

 日本でも優生保護法によって戦後、障害者が、堕胎させられたり

断種手術が強制的に行われました。聴覚障害者も含まれています。

これは、ナチスドイツの考え方から来ています。

日本でも、昨年からようやく、そのことが取り上げられ裁判も行われています。

優生思想が根本にあります。

ぜひお読みいただきたい1冊です。

手話関連書籍 あれこれのページ

お知らせ